息子ロス?

今回はプライベートな話を書きたいと思います。
この春、コロナ禍の中、双子の息子が無事大学受験を終えました。音大ですか?と聞かれることがありますが違います。兄は国公立大の医学部、弟は県内の私立大の理工学部です。兄の方は中学受験から医大を目指すことを後押ししてきたのは母親である私なので、大喜び!のはずですが それがなんだか切ない気持ちになっています。

こんな記事を見かけました。ある芸能人の息子さんが留学をしたのですが、それを後押ししたのは自分であるのにいざ行く日にちが近づいてくると寂しくて仕方がない、別れる時は涙が止まりません。そして、息子から困ったことがある時などの連絡にすぐに気が付くように夜も携帯から目が離せなくて眠ることが出来ない、というのです。いわゆる「息子ロス」だそうです。

これ、実は私も同じ…共感です。ただえさえお年頃の男の子、言葉少なく母親である私ともあまり口を聞いてくれないお年頃です。春までは受験に関して良く話をするようになりとても嬉しく思っていた矢先です。実際に行ってしまうと寂しくて仕方がありません。近県なのでそれほど遠くではないのに雲の上にでも行ってしまったかのようです。それからというもの、私は暫く元気も食欲も出ず、胃が痛く、下痢続きで体調が悪く感じる程にもなってしまいました。息子がたまに帰ってきて下宿先へ戻る後ろ姿に涙が止まりません。私、おかしいのだろうか、と思っていましたがその記事を見つけて少しホッとしました。母親、同じ心境なんだな?と。

子供はいつかは自立していくものですが、こんなに突然に、またこんなに寂しいものとは思いませんでした。いつかは慣れるのでしょうか。息子ロス、困ったもんです。

2021年05月30日