練習とは

うちに来て下さる生徒さんに限らず、知り合いのお子様の話などからよく耳にするのが
「子供に毎日○○分練習させている」「一日に○回弾く」です。

この言葉を聞く度に 「う~~ん」と悩まされるMIKI先生なのです。
確かに回数や時間はめやすになるかもしれません。練習をさせている、している、事は 
なかなか難しいことなのでとても素晴らしいことです。
ですが、ピアノだけに言えることではなく全てにおいて言えることだと思うのですが、
「量」ではなく「質」なのです。
間違った方法での練習は何時間かけても何回弾いても 時間の無駄になってしまいます。しかも身に付きません。
「短時間で正しい練習の仕方」により、上達の鍵にもなり、譜読みも速くなる、一石二鳥ですね。
うちに来て下さる生徒さん、特に大人の方は毎日お忙しく練習時間もなかなか取れませんので 
”短時間で質の良い練習の仕方のコツ”を伝授しています。

2018年07月05日